色彩感とテクニック ()
例え速い16分音符だろうと、1音1音を揃えるのではなく、全て違う色をつけ、違うタッチで弾く必要があると思います。言葉と同じで、よく言われている音の粒揃えるということは、文章を棒読みしているのと同じことです。一つ一つの音の粒はむしろ揃えてはいけない。繊細に変化させていく必要があると思います。テクニックの基本は曲げる系統のタッチと伸ばす系統(指を上げるのではなく)のタッチを交互に織り混ぜるとでも言いますか。それぞれのテクニックを連動させると楽に弾けますし、疲れません。
>> 続きを読む

脱力と力み ()
ピアノの奏法について私はよく筋肉の話をしますが、こういうことを言うとどうしても色々誤解を招きます。決して力任せに弾いたり、必要以上に力みながら弾くわけではないです。ただムキムキマッチョになれば良いという話ではありません。生まれもった身体のバランスを崩さずに、必要な分だけつけることが大事です。何故筋肉の話をよく言うかというと、その必要な分すら脱力しようとしている方が多いと思うからです。当たり前ですが、全てを脱力したらピアノは弾けません。僅かな力みはあります。その際にどこをどうやってどれくらい無駄な
>> 続きを読む

根本的に違う身体の使い方 肩 ()
ロシアピアニズムの特徴的な身体の使い方です。ピアノの弾く際に肘の裏側あたりから肩を下から持ち上げることは必要だと思います。上から吊り上げるのではなく、下から持ち上げるイメージです。首に力は入りません。その状態で脇を閉め、ピアノを弾こうとすると自然に少し前傾姿勢となり、両肩甲骨が少し中央に寄った状態になると思います。(この状態を大袈裟に目で見て判るくらいに行っている方もいれば、見た目では判らずインナーマッスルでほんの少しだけ行っている方もいると思います。)肩は持ち上げてはいけないなどと一般的には言
>> 続きを読む

バッハ パルティータ2番  ()
パルティータ2番。通して弾いてみましたが、やはり所々粗が出てきます。集中力が足りません。ご愛嬌で…ちょっと滝に打たれてきます。でも折角撮ったので載せます。久々にYouTube復活です。(また気分で消すかもしれませんが)
>> 続きを読む

掌とインナーマッスル ()
先程小ホールを借りてレッスン&少し個人練習をしました。色々試し録音もしましたが、自分で思ってるより掌を相当引き上げておく必要がありました。全然甘かった。本当に繊細に響きをコントロールできません。そのことだけに限らずですが、人には偉そうにそう教えてるけど自分で弾く時は甘い。ダメですねぇ💦掌の支えによって指の余計な動きを減らし、針で糸を通すかのように出したい音を鍵盤のピンポイントを狙って演奏することができます。よく響くレガートの基本は浅いタッチで深い音をだす必要があります。やはり偉大なピアニスト達
>> 続きを読む

メトロノームの使い方 ()
基本的に全て裏拍で合わせます。1拍目には合わせません。2拍子系は1ト2ト のト か2拍目に3拍子系も同じく トか 2拍目にアクセントはつかないように。メトロノームをセットして最初入るのがなかなか難しいですが、それもよい練習になります。これで練習しておくと、後々自由にルバートも自然にかけやすくなります。ワルツなんか特に活き活きとした自然なリズム感が得られます。
>> 続きを読む

ただの道東ドライブ日記 ()
先日北見の方に用事があり、ついでにと、一泊二日で密を避けて道東の方を周ってきました。札幌〜旭川〜北見〜網走〜摩周湖〜浜中町〜厚岸〜釧路〜帯広〜札幌写真撮ったところだけダイジェストで旭川 昼ご飯 大正創業の名店 鳥料理の小野木の唐揚げ 絶品摩周湖は霧で何も見えず摩周湖までの地獄の山道浜中町のハーゲンダッツにも使われてるタカナシ4.0牛乳のソフトクリームこれは今まで食べたソフトクリームの中でダントツの美味しさでした厚岸 その場で自分で殻を剥いて食べる牡蠣 美味しくて15個くらい食べました帯広から札幌
>> 続きを読む

防音室問題  ()
ただの愚痴です。我が家はアビテックスにピアノを入れております。夏場は地獄です。除湿器入れても大して湿度下がらないし、練習して15分くらいで湿度は元に戻ります(私の汗?💦)除湿器の熱でむしろ暑くなります。扇風機を横で全開にして練習したりもします、音がうねって聴こえてきてちょっと楽しいです。籠るのは30分が限界です。ちなみに今主に練習しているのはブラームスのソナタ3番です余計にあついぜ🥵冬はあったかいんだけどなぁ。
>> 続きを読む

ロシアピアニズムって何? お勧め動画紹介 ()
お友達のピアニストで、現在モスクワ音楽院に在学中のアーニャさんがとても良い内容のお話をなさっております。ご視聴お勧めいたします。アメブロはこちらモスクワ音楽院留学記〜アーニャちゃんの行き当たりばったりЖИЗНИ~https://ameblo.jp/russian-a/
>> 続きを読む

久々の本番 汗との戦い ()
とある学校の学年HRにて、アンサンブルとソロを演奏させていただきました。このような時に貴重な機会をいただき誠にありがとうございました。最初に小編成のオケと一緒に2曲。とても楽しかったです。(もらう楽譜が案の定ダメダメで付け足したり作り直す作業が多いのはもはやお決まり)ソロでは幻想即興曲バラード1番英雄ポロネーズを演奏しました。アンコールはラ・カンパネラを練習する予定でしたが、時間切れのため無しとなりました。一番練習したのに…マスクして演奏するのはきつかったです。一曲が限界かも…手汗がダラダラにな
>> 続きを読む